債務整理

個人再生をするとクレジットカードが作れないって本当?

個人再生をすると、それまで苦しめられてきた借金が一気に減額され、月々の返済額も身の丈にあったものになるため、気持ちも生活も楽になることが多いです。
それを目的として個人再生をする人も多いでしょう。

しかし、ここで問題となるのがクレジットカードです。
個人再生をするとクレジットカードを持てなくなる」「使えなくなる」という噂を聞いたことはありませんか?

残念ながら、それは事実です。
これから個人再生をしようと考えている人の中にも「カードが使えないと困る」「生活が不便になる」と考えて二の足を踏んでいる人がいるかもしれません。

ここでは、クレジットカードが持てなくなる理由や、どうしたらクレジットカードを再び持てるようになるのかを解説していきます。

1.個人再生でクレジットカードが持てなくなる理由

個人再生等の債務整理をすると、その事実が「信用情報機関」というところのデータベースに登録されます。

銀行や貸金業者、クレジットカード会社等は、お金を貸すときやカードを発行するときの審査の際に、信用情報機関のデータベースをチェックします。

このとき、債務整理の情報が見つかると「返済能力に問題あり」と判断されて、審査に落ちやすくなります

この「信用情報機関に情報が登録されて審査に落ちやすくなっている状態」のことを、俗に「ブラックリストに載っている」「ブラックリスト入りした」等と表現します。

個人再生に限らず、自己破産や任意整理等の債務整理をした場合もブラックリスト入りしてしまうのでご注意ください。

ブラックリストに入っているとクレジットカードを発行してもらえませんし、既に持っているクレジットカードも更新が通らず使えなくなってしまいます。

こういった理由で、個人再生をするとクレジットカードを新規作成したり、継続利用したりすることができなくなるのです。

ちなみに補足ですが、ブラックリストに登録されたままだとローンの審査も通らなくなりますし、保証人にもなれないといった悪影響があります。

2.個人再生後にクレジットカードを作る方法

1度個人再生をすると、もう一生クレジットカードを作れないのでしょうか?

そんなことはありません。実際にはクレジットカードを作る方法が存在します。
ここでは、その方法を見ていきましょう。

(1) ブラックリストから外れるのを待つ

ブラックリストに登録された情報は、一定期間経過すると抹消されます。
抹消されるまでの期間は5年から10年とされています。

なぜこのような開きがあるのかというと、信用情報機関は以下の3つが存在し、それぞれ異なる登録期間を設定しているからです。

  • CIC…主にクレジットカード会社や消費者金融等が加盟
  • JICC…主に貸金業者等が加盟
  • 全国銀行個人信用情報センター…主に銀行や信用金庫等が加盟

CICとJICCから情報が抹消されるには「5年」が必要とされています。
一方、全国銀行個人信用情報センターの場合は倍の「10年」かかると言われています。

自分の情報がまだ登録されているかどうかは各信用情報機関に問い合わせをすればわかるので、知りたい人は試してください。

また、ごく稀にですが、期間が経過しても情報が抹消されずに残ったままのこともあります。
そういった場合も各信用情報機関に問い合わせて必要な手続をすれば情報を抹消してもらえます。

問い合わせ方法等は各信用情報機関のホームページに記載されているので、そちらをご参照ください。

【情報の抹消後はクレジットヒストリーを作る】
登録期間を経過して債務整理の情報が抹消された場合、それ以外の情報もなくなってしまうため、履歴のない「ホワイト」状態になります。
今の時代に全くクレジットカードを使っていないという人は少数派なため、「ホワイト」な状態を確認したカード会社は「この人は過去に債務整理をしたのではないか?」と考え、審査を落とす可能性があります。
これを防ぐには、審査のゆるいクレジットカードを作り、クレジットヒストリー(クレジットの利用履歴)を積み上げることが大切です。
毎月少しはクレジットカードを使い、期日通りに返済すれば良いクレジットの利用履歴ができていきます。

(2) 審査のゆるいカードを申し込む

ブラックリスト入りしたからといって、すべてのカードから発行を拒否されるわけではありません。
一部には、ブラックリストに入っていてもカードを発行してもらえたという声があるようです。

具体的にどのようなカードが該当するかは様々な情報があるためここでは言及できませんが、ブラックリストからの抹消をどうしても待てない場合、そういったカードを狙ってみるのもいいかもしれません。

しかし、無事にクレジットカードを作成できたとしても、それで再び負債を抱えてしまわないよう、利用には十分注意をする必要があります。

(3) 5年~10年後、過去に取引のない会社のカードを申し込む

ブラックリスト期間が終わっても、それはあくまで信用情報機関から情報が抹消されただけであり、昔利用したカード会社の内部には個人再生をした履歴が残ったままの可能性があります(これを俗に社内ブラックといいます)。

そのため、過去に利用したことのあるカード会社にクレジットカードを申し込んでも、場合によっては一生審査にパスしない可能性があります。
カード会社からすれば、過去に個人再生をされて債権を満額回収できなかった相手にお金を貸すのはリスクがあるからです。

個人再生後にカードを作るときは、過去に利用したことのない会社に申し込みましょう。

3.クレジットカードの代わりになるもの

クレジットカードが作れないなら、以下のような代わりになるカードを持てば不便さは解消されます。

(1) デビットカード

デビットカードとは、銀行口座と紐付いているカードです。
カードで使った金額がすぐさま口座から引き落とされるので、口座残高以上に使いすぎる危険がありません。

デビットカードの発行に原則審査はないので、すぐにでも何らかのカードを持ちたい人はこれを使うといいでしょう。

(2) 家族カード

家族カードとは、その名の通り家族で使えるカードです。ファミリーカード等とも言われます。

カードの名義人さえ審査を通れば、名義人の家族全員がカードを利用できます。

4.カードが持てなくなっても個人再生のメリットは大きい!

確かに、個人再生をするとブラックリストに入るので、クレジットカードは利用できなくなります。
しかし、個人再生をしないまま借金の返済をしないと、滞納のせいでブラックリスト入りすることがあるため、結局カードを利用できなくなります。

個人再生をしてもデビットカードや家族カードを利用する等の代替策があるので、借金を減額して解決した方が良い結果になることが多いです。

さらに、ブラックリスト入りは一生続くものではありません。5年や10年で再びカードを持つことができるようになるので、借金が嵩む前に弁護士に相談して個人再生に踏み切ることをおすすめします。

豊島区・板橋区・練馬区ほか、西武池袋線・東武東上線沿線にお住まい、お勤めの方は、泉総合法律事務所池袋支店にぜひ一度ご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-723-220 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-723-220
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ